マレットフィンガーという言葉を聞いたことはあるでしょうか?ベースボールフィンガーや
ドロップフィンガーとも呼ばれています。

 バスケットボールやバレーボールなど球技においてパスを受け取る際にボールが指先に当たり
突き指した経験がある方は多いと思いますが、その際に指の第一関節から先が伸びず曲がってし
まったままの状態の症状のことマレットファインガーといいます。
%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%bc
 

 原因は突き指の際に指先を伸ばす伸筋腱を断裂したか腱付着部の骨折が生じたかどちらかの
ケースによります。
 セルフチェックとして、指先を伸ばす腱が切れてしまっているので、他方の手で指先を上げれば
伸ばせますが、患部の指だけの力では伸ばせなければマレットフィンガーを疑いましょう!

 もし運動中に、このマレットフィンガーの症状がでしまったら無理に指を引っ張ったりせず、患部
を冷やして、病院でレントゲンを撮って骨折しているのか診断してもらいましょう。
 骨折がなければ手術せずに患部の固定をして保存療法になります。
そして、他の関節が拘縮を起こして指が曲がりずらくならないように早期に自動運動と温熱療法
を開始して回復をはかります。