老人になると骨の中のカルシウムが減って骨内がスカスカになる骨粗鬆症は避けられない問題です。歳を重ねていくとともに、身体の中のホルモンが変化するために、骨量が減少します。

その他、胃酸分泌の低下や腸の栄養吸収能力の低下、腎臓の尿へのカルシウム排泄の増加なども原因となります。

まずカルシウムについてですが、私達の体の中にあるカルシウムの99%は骨に含まれています。
成人男性ではその総量はおよそ1キログラムです。血液の中にもカルシウムがあり(Caイオンとして)は常に約250ミリグラム流れていて、人が生きてゆくために大切な心臓の規則正しい拍動や、止血のための血液の凝固などの働きにも関与しています。

しかし、何かしらの原因で血液中のカルシウムが減ると、その濃度を保つために特殊なホルモンが作用して、骨の中のカルシウムを溶かして補います。この状態が続くと骨の中のカルシウムは外にどんどん出てしまい食物からの栄養として補給されなければ骨は次第に弱化していき骨粗鬆症となります。

[主なカルシウムの役割]
・骨や歯の材料
・ストレスなどの耐性をたかめ、神経を安定にさせます
・筋肉(平滑筋も含む)の収縮に使われる
・体内のイオンバランスを正常値に維持する
・体内の浸透圧を一定に保つ
・血液凝固作用
・抗アレルギー作用
(平滑筋:内臓筋ともいわれ、自分の意志で自由に動かしたり、止めたりすることのできない不随意筋。)

 次にカルシウム不足について、カルシウムは少なくとも1日で成長期の子供は600~950mg、成人期で600~900mgが必要とされています。子供は成人と同じだけの量が必要な栄養素ですので、おやつ代わりに小魚を食べるなど積極的に摂取して大きなケガの予防に努めましょう!
高齢者の方は食事で淡泊なものを好んだり食事量も減ってくることから、相対的にカルシウムの摂取量が減ってしまいます。
そこで、食間に小魚など頭から全部食べるなどして、小まめにカルシウムを摂取していきましょう。
さらによく噛むことで、脳の活性化や唾液分泌を促し虫歯の予防にも効果的です!
bab28d9158a91d4e47f3d8ab290613de_s

特に干しえびなどの干物や乾物、「にぼし」や「わかさぎ」など骨まで丸ごと食べれる食品にカルシウムが多く含まれています。
また魚の缶詰では骨まで柔らかくなっているで簡単にカルシウムを取ることができます。

カルシウムを摂って転倒しても太ももの骨折、脊柱の圧迫骨折など起きないよう丈夫な骨を維持していきましょう!
社会人の方もストレスに負けないようカルシウムを摂ってがんばっていきましょう!