スキーシーズン到来でスキーやスノボードを楽しまれている方が多いと思いますが転倒時の大ケガが多発していますので、ご注意ください。

初心者の方や熟練した方でも転倒がつきものですが滑降スピードを出し過ぎた時の転倒やコブに乗り上げ急斜面に落下した場合などに首の捻挫やむちうち、肩・肘、膝などの関節の脱臼や打撲、時には大腿部の大きな骨を骨折してしまう大事故になってしまう危険性があります。転倒時の衝撃が大きいと交通事故レベルの怪我をしてしまいますので、車の運転同様にスピードの出し過ぎ、前方の安全を確認しながら滑りましょう。また、滑ってきた人に当てられ転倒し頸部を負傷した患者さんもいましたので周りにも気をつけていきましょう。

suki

 前側に倒れるなら肘を曲げ両手を胸の横に平行で手のひらを正面に向け受け身を取れれば良いのですが、スピードが強いと回転しながら転倒する場合もありますが最低限アゴを引いて後頭部を後ろに傾かせないように。
後頭部を斜面に強打してしまうと硬膜内外の出血や小脳、延髄へのダメージで重篤なことに繋がってしまうこともありますので、十分気をつけて下さい。
 ゲレンデに出る前にストレッチをして、動きやすいコンディションで無理をせず怪我の無いよう楽しんでください。