「テニス肘」という症状名を聞いたことはありますでしょうか?
この名称は通称で、正しくは「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」といいます。
患者さんは肘の外側(親指側)の痛みを訴えます。

915cf6bdb901c455f887e5af0ff9d6b9_s

 テニス肘かどうかを調べるトムセンテスト、チェアテスト検査の結果陽性で「テニス肘の症状」ですねというと「テニスしたことありません!??」と不思議な顔されます。
実際、テニスなどスポーツをやっていなくても手指を使う作業をされる方や、パソコン作業で手を酷使される方々にもよくみられる症状です。特にマウスを掴む(手首を返す)ポジション時に患部につく伸筋を使っています。

4aa40647c8522efea95bfde4b728a71a_s

 また、ゴルフでクラブを握るなどの「手を握る」動作を頻繁に繰り返したりすると、肘や前腕上部に痛みを感じます。それは、原因として肘関節の外側には手首をそらす筋肉がついています。その筋肉と骨とをつなぐ腱を使いすぎたことで、つなぎ目に負担がかかりつづけ炎症が起きると痛みが生じるとされています。なので、痛みがでる腕は利き腕側が主です。
症状が悪化すると、フライパンを持つ、ドアノブをひねる、ペットボトルのキャップをひねるなどの日常動作をする瞬間に痛みがあらわれ動作しづらくなります。

治療としては腫れや痛みが引くまで肘を使うことを控え安静にすることが大切です。
リハビリとして前腕の筋肉のストレッチ、手の伸筋群の押圧を前腕から肘まで重点的に施して回復を促します。
また、当院ではバンドを上腕骨外側上顆の手前に巻いて、手首を上に(手の甲側)返した時の伸筋群の牽引力が患部に影響しないよう処置をします。

テニス肘は使い痛みの要素があるので、患部に負担がかからないような動作を注意して日頃から行ったり、仕事上の動作を工夫して変えることで徐々に治っていきます。
治る時期は個人差がありますが、約1ヵ月ぐらいすると、痛みが気にならない位になってきます。

 日常動作の注意点は、手のひらを下にしてモノを持って動かすことはできるだけやめましょう。腕を内方に回した形での(前腕回内位)の持ち方は肘部に負荷がかかるので避けましょう。