574bbaf0c70e9ef97a6d94a56491c34f_s

自動車交通事故の胸骨骨折や胸部損傷は、衝突時の強い衝撃によりハンドルに強く胸を打ちつけられたり、シートベルトの強い張力が胸を圧迫し発生します。
現在はエアバックが運転席と助手席に装備されていますが、シートベルトをしていないとエアバックの効果が発揮されません。エアバックのみでは致命的損傷から運転手や同乗者を護ることができません。

実際の交通事故で、シートベルトせずエアバックのみだった事故では、運転手は胸骨及び肋骨骨折、心挫傷、肺挫裂、肝破裂、胸腔内出血と死亡に至ってしまったということです。
シートベルトすることは当然となっていますが、改めて自分以外の人のためにもシートベルトを着用をし、ご自身の身体(命)を護るようお願いします。bc9095cbc47ae71b6b9b3286d91a6918_s