「腰」は漢字が示す通り【月】(にくづき)に【要】で表され身体の要一番大事なことを指しており、いわゆるぎっくり腰に罹ったりすると、歩く事すらままならないことになります。さらに、損傷がひどいと椎間板ヘルニアなど神経症状が出てしまうこともあります。

腰の筋肉が張っていると感じる時、実は腰以外の周囲の筋肉も緊張が強くなっています。身体を動かす時は、一つの部分だけではなく其々の部分の筋肉や関節が相互に作用して動いています。例えば、身体を前に屈む時は、腰だけはなく背中、股関節や足の筋肉まで使ってバランスをとって動いています。

腰が痛く感じる時や重だるく感じる場合は、腰と周囲の筋肉への血流が不足しており筋肉中の老廃物の蓄積が痛みの原因となっているケースや、ディスクワークで座り姿勢を長時間保持し続けて、筋肉の緊張が抜けないことが原因となっている事が多いです。

なので、軽い運動・ストレッチやマッサージなどで十分筋肉をほぐすことで、血行を促進して代謝を活性化していくと筋肉の柔軟性が高まり疲労物質よく流れるようになる結果、ぎっくり腰や腰痛を事前に予防することができます。

当院では、他院で良くならない腰痛について効果を上げています。それは、痛みのある腰だけではなく相互に作用してる筋肉や関節についても検査と施術を行い、腰部にかかる負担を原因から取っていく事で高い施術効果を上げています。
腰痛の悩みを早めに当院で解消しましょう!お待ちしております。