調布の中でも特に全身調整に力を入れており、国家資格者がスポーツ外傷、交通事故のケガ治療も対応

腰椎分離症(ようついぶんりしょう)・すべり症(すべりしょう)

  • HOME »
  • 腰椎分離症(ようついぶんりしょう)・すべり症(すべりしょう)

腰椎には棘突起(きょくとっき)と呼ばれる突起があり、それがうまく重なり合うことで腰椎の椎骨がバラバラにならないように防いでいます。
しかし、何かしらの理由で棘突起にヒビが入ってしまったり、完全に骨折してしまったりすると椎骨の安定性が失われ椎骨にズレが生じてしまいます。
ヒビが入ってしまった状態を腰椎分離症といい、完全に棘突起が折れてしまい椎骨の椎体が前方に滑ってしまった状態をすべり症といいます。
椎体が大きく前方に滑ってしまうことで、神経の通り道である脊柱管が狭くなってしまうので脊髄神経が圧迫されるようになります。
このことで神経そのものが損傷し、腰の痛みや下肢の痺れなどが出るようになります。
また、重度の場合だと間欠性跛行という症状を発症することがあります。
これは、歩くとほどなくして足に痛みやしびれを生じ、少し休むとまた歩けるようになるというものです。

腰椎分離症・すべり症に対する当院の施術方法

①徒手検査により原因となっている箇所を調べます。
痛 み の 確 認(骨折の鑑別):この症状は腰椎の下部で生じる確率が高いので、痛みのある場所を正確に調べます。
特にこの症状は腰を反らした時に痛みが増強するので、他方向に腰を動かした時との比較をします。また、腰椎分離症は骨折なので、患部が腫れていないか等を含め総合的に判断します。

痺れ等の確認:片側もしくは両側の足に痺れがないか調べます。また、坐骨神経痛の症状の有無も併せて確認します。

以上の検査結果に基づき、その日に行う施術を分かりやすくご説明します。
検査の結果、骨折の疑いがある場合は応急処置後、整形外科を受診して詳しい検査を受けて頂きます。

②施術と患部の状況説明
施術はうつ伏せ・仰向け、横向きなど腰部が楽で負担のかからない状態で施術をしますのでご安心下さい。
初期の症状は痛みと緊張が強く現れるので、まずはアイシングで患部を冷やし、痛みを抑えることを最優先にします。
強い痛みにより腰部周辺の筋肉が緊張し、腰椎に負担をかけている場合は、その筋肉を手技療法により緊張を緩めます。

コルセット

施術後も腰部の痛みが強い場合はコルセットを装着していただき患部の保護と安静を図ります。
患部の痛みと緊張が治まってきたら、ストレッチや運動療法により筋肉の柔軟性と支持力を向上させ動作時の負担を軽減していきます。

③施術後の状態の説明とアドバイス
腰部の回復に向けての施術計画の説明と、ご自宅で出来る運動・ストレッチなどもアドバイス致します。
当院では、問診時に伺った患者さんの職業等ライフスタイルに合わせた改善方法についてご説明を行っています。
どんな小さな疑問でも構いませんのでお身体のことについてご相談下さい。

TEL 042-444-5843 平日:11:00~15:00 / 17:00~21:00
土日祝:10:00~14:00 / 16:00~20:00

canvas
sidebar_1
sidebar_2
sidebar_2
sidebar_3
sidebar_4
sidebar_5

 

 

canvas-1
sidebar_1
sidebar_2
sidebar_3
sidebar_4
sidebar_5
sidebar_6
sidebar_7
sidebar_8
sidebar_9
sidebar_10
sidebar_11

 

facebook

 

整骨・接骨・鍼灸院の案内なら整骨ガイド

お知らせ

10月木曜日の営業時間について

【10月木曜日:営業時間】 10月3日16:00~20:30 10月10日 *研修の為臨時休業致します。 10 …

消費税増税に伴う価格改定について

いつも当院をご利用頂き誠にありがとうございます。   この度、令和元年10月1日から下記のとおり施術料金を改定 …

9月臨時営業

いつも当院をご利用頂きありがとうございます。下記営業日について、昼間の営業に加え夜の営業を下記のとおり行います …

夏季休業等について

 当院は下記の期間を夏季休業及び研修のため休業とさせて頂きます。 ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承お願い致 …

臨時営業

いつも当院をご利用頂きありがとうございます。 下記2営業日について、昼間の営業に加え夜の営業を下記のとおり行い …

PAGETOP

COPYRIGHT c 2016 調布駅北口整骨院 AllRIGHTS RESERVED. powered by quick-create